鳥取大学 工学研究科 准教授 伊福 伸介

  • ポスター展示ブース: A-05
  • 展示会: BIO tech 2017 アカデミックフォーラム
  • 国名: 日本
  • カニ殻由来の新素材キチンナノファイバーのヘルスケア効果
  • カニ殻の主成分であるキチンをナノファイバーとして製造することに成功した。ゲル状の均一な水分散液であり肌への塗布や服用に伴う多様な生理機能を備えている。

  • 発表日時: 6月30日 (金) 12:30 ~ 13:00
  • 会場: ACA-4
  • 出展製品・技術一覧

    ロード中です

    出展社による製品・技術セミナー

    • カニ殻由来の新素材キチンナノファイバーのヘルスケア効果

      カニ殻の主成分であるキチンをナノファイバーとして製造することに成功した。ゲル状の均一な水分散液であり肌への塗布や服用に伴う多様な生理機能を備えている。

      1. セミナータイトル カニ殻由来の新素材キチンナノファイバーのヘルスケア効果
      2. セミナー説明文 カニ殻の主成分であるキチンをナノファイバーとして製造することに成功した。ゲル状の均一な水分散液であり肌への塗布や服用に伴う多様な生理機能を備えている。
      3. 日時:
        6月30日(金)
      4. 12:30
      5. 13:00
      6. 会場: ACA-4
      7. アカデミックフォーラム フラグ はい

    研究内容/発表者プロフィール

    • 研究内容

      1. 研究内容の概要/特長 鳥取県の特産品であるカニ。その殻の主成分であるキチンをナノファイバーとして抽出することに成功した。キチンナノファイバーは水に対して均一に分散した透明なジェルで従来品と比較して加工がし易い。肌に塗るとバリア機能、怪我の治癒、皮膚炎の緩和、アンチエージング、服用するとダイエット、成人病予防、炎症の緩和、腸内環境の改善などの効果がある。
      2. 想定される応用分野 化粧品、食品用添加剤、食品、健康食品、医薬品、医療用材料、日用化成品、工業原料、塗料など
      3. 発表者プロフィール 2005:京都大学 博士号(農学)学位取得 2006:日本学術振興会特別研究員 2007:ブリティッシュコロンビア大学 博士研究員 2008:鳥取大学大学院工学研究科 講師 2011:鳥取大学大学院工学研究科 准教授 2016:大学発ベンチャー「マリンナノファイバー」代表取締役(兼任)

    ※上記の情報は来場ユーザーから出展社への事前アポイント申請用に公開しています。
    それ以外の目的(セールスなど)で無断に使用・転載することを固く禁じます。