(株) ASICON

  • 小間番号: E48-50
  • 展示会:
    第17回 BIO tech 2018
  • 国名: 日本
  • マイクロ流体機能を集積: Organ-on-a-chip,POCT,オンチップPCR
  • Lab-on-a-chipのアプリケーション例 ・細胞培養: 多臓器間相互作用向けorgans-on-a-chip ・POCT: サンプル処理,病原体の検出,同定をチップ上で実現 ・オンチップPCR: サンプル少量化,増幅の高速化と高収量化

  • アポイント特典
    技術者同席
    提案/見積書 用意
    詳細データ説明

    出展製品・技術一覧

    • Organ-on-a-chip / オンチップ細胞培養

      多臓器間の相互作用に着目し,肝臓による薬物,毒素の代謝と腎臓における作用の観察を可能です。灌流環境により,静置培養では検出できない流体の進行方向に依存した毒作用を示すこと等に成功しています。

    • オンチップPOCTシステム /...

      チップカートリッジにサンプルを入れると試料調製から病原体の検出と同定まで行える,ポイントオブケア診断システムを開発しました。分子診断検査,イムノアッセイ,生化学的検査用に柔軟なカスタマイズが可能です。

    • オンチップリアルタイムPCR (連続流PCR / 静置PCR)

      複数の固定温度ブロック上を通過する流路内を,サンプルが通過することで連続的に変性,アニーリング,伸長が実施できます。温度変化を受けるサンプルが極めて小さいため,高速・高効率にPCR産物が得られます。

    • Fluigent製 圧力制御式 高精度マイクロ流体ポンプ

      高精度の圧力制御ポンプです。灌流や再循環等のオンチップ細胞培養を始めとした様々なマイクロ流体アプリケーションに応用できます。ポンプ,流量センサ,バルブ等の機能を基板上に統合したOEM生産にも対応します。

    ロード中です

    ロード中です

    プレスリリース

    ※上記の情報は来場ユーザーから出展社への事前アポイント申請用に公開しています。
    それ以外の目的(セールスなど)で無断に使用・転載することを固く禁じます。

    当ウェブサイトは、運営と効用の改善のためにクッキーを利用しています。クッキーについての詳細、利用目的や管理方法は、プライバシー&クッキーをお読みください。尚、このサイトを利用するにあたり、あなたはクッキーの使用に同意していることになりますのでご留意ください。